今季最大の台風、19号。そのニュースを追っていると、耳慣れない緊急放流という言葉が出てきました。その実施される理由や背景を調べました。

スポンサーリンク

2019年10月に上陸する台風19号はどんな台風か?

地球史上最強とSNSを賑わせている台風19号。

米国内では「スーパー・タイフーン」として紹介されています。

それもそのはず、今回の台風19号は渦状の雲の幅が南北で2000キロ以上に及んでおり、非常に巨大な台風だということが気象観測衛生「スミオNPP」から送られた画像でもわかります。

台風19号は「ハギビス」と呼ばれており、大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。

今季最大の台風、影響が大きい地域に住む人達は十分な備えと速やかな避難が必要です。

スポンサーリンク

ダムの緊急放流がニュースに。

今回の台風では、今まであまり話題になっていないダムの緊急放流という言葉をよく目にしたので、気になりました。

素朴な疑問として、川の氾濫が危惧される状況で、なぜダムの水を放流するのか?こんなときこそ雨水を蓄えるべきなのじゃないか?と。

結論として、大量の雨水でダムが破壊されないように放流する、というものでした。

普段、下流域の水量を調節している、また、多額の建築費で作られたダムをただただキャパ以上の雨水を溜め込んで、その結果、決壊することのないよう放流するのです。

巨大なダムが決壊することの重大さやそのあとの大変さを考えると、緊急放流は必要ということがわかりました。また、タイミングや水量の計算を緻密に熟考して実施されたことも知りました。

雨のピークを考えて、緊急放流を前倒しして決壊を防いだ、なおかつギリギリまでねばって下流域の住民の避難時間を稼いだということですね。

スポンサーリンク

まとめ

これまで台風が来るたび、進路や規模、避難場所や水・食糧の確保等を意識してきましたが、今回、ダムの緊急放流という決壊を防ぐための決断を知りました。

引き続き台風情報に注目し、また、被害が大きくならないことを願います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク